ぺニスの手術に掛かる費用 包茎手術編

ぺニスの手術

こんにちは、芯太郎です。

医学が進歩し続けている現代では、ペニスの手術も当たり前になりました。

ペニスを大きくしたり、包茎を治したり、病気を治療するのもそうですし、なかにはペニスを除去する手術なんかもありますよね。

 

芯太郎はペニスは一生除去したくありませんっ!!

大事な事なのでもう一度言います!

芯太郎はペニスは一生除去したくありませんっっ!!!!

 

さて、今回はそんなペニスの手術の中のひとつ、包茎手術に関して。

 

ぺニスの手術にかかる費用 包茎手術編 泌尿器科

包茎は放っておいてはいけません。

例として真性包茎の場合を言うと、マンコに入れた時に気持ちいいと思うはずが皮を無理に引っ張られて痛いと感じる事があるという具合です。

 

他にも、包茎だと友人や彼女とかと温泉に行った際にコンプレックスに感じたり、性病になりやすいというリスクだってあります。

 

そんな包茎の手術費用、私が調べたところによると泌尿器科の場合は真性包茎やカントン包茎だと健康保険が適用されるそうです。

診療代は国が定めた計算に沿って算出されるので、どこの泌尿器科でも同じ内容の治療なら同じ金額というわけです。

 

料金はだいたい2万円〜3万円という具合ですね。

ただし、保険適用だと見た目にあからさまな治療跡が残ってしまいます。

 

 

ぺニスの手術にかかる費用 包茎手術編 包茎クリニック

 

包茎クリニックの場合は美容が目的となりますので治療跡は残らないように手術してくれます。

 

ですが、健康保険は効かないので診療代は病院側が決めれるので、費用にうんと幅が出てきます。

 

だいたい15万円〜20万円といった具合かと思います。

 

包茎クリニックで名前ではやっていないかもしれませんので、ネットで 包茎 クリニック や、 包茎 美容整形 という風に検索して病院を探されると見つけやすいです。

 

一口メモ

包茎は自力で治せる場合もありますが、病院へ行って治療するのが一番安心安全です。

 

保険適用で金額は安いが治療跡が残る方を選ぶか、金額は高いが見た目に違和感を感じない方を選ぶかはすごく悩むところですので、じっくり考えて決められるのが一番だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です