早漏は病気?オーガズム障害とは?

早漏は病気?

みなさん、こんにちは!「セックスしたい」がここ数日口癖の当サイト管理人、芯太郎です。

 

本当にセックスしたいです、オナニー飽きました。

人肌に触れ合いたい、マンコにチンコ突っ込みたい。

 

みなさんもそんな時ありますよね?

そんな時があろうがなかろうが、セックスすれば誰しもが体験する事、早漏

 

早漏は病気?

いわずもがなですが、早漏とはセックスの際に男性が通常より早く射精してしまう事ですね。

 

お悩みの方、結構おられるんじゃないでしょうか?

セックスはしたいけど、あまりにも早くイってしまうと相手を満足させれない等という点でコンプレックスに感じてしまいますよね。

 

早漏=病気というと、何か語弊がある気がします。

早漏自体が病気というよりは、病気というわけではなく、何か原因があって早漏という方が正しいかなと。

 

早漏は医学的見地から分類するとオーガズム障害

そんな早漏、医学的見地から分類するとオーガズム障害にあたるそうです。

オーガズム障害とは射精が満足にできない事でして、膣内射精障害、早漏に分けられるんです。

 

オナニーのし過ぎとかで刺激になれてしまい膣内でイケない、これも膣内射精障害の一種なんですけど早漏も同様なんです。

 

早漏の定義

具体的に何分間内に射精すると早漏という明確な数値はありませんが、早漏の定義的には、

 

 

①射精する事を我慢できない

②射精するタイミングがコントロールできない

③自分自身が思っているよりも射精が早い

 

こういった状態だと、早漏かと思います。

 

一次性早漏

そんな早漏には2種類あって、生まれついての早漏(一次性早漏)と元は正常だったのが何かしらで候になってしまうパターン(二次性早漏)があります。

 

一次性早漏の場合は、童貞やセックスの経験が浅いという事が言えます。

結構当てはまる人が多いと思うので、『ああ、俺って生まれながら早漏なんだ、克服できないんだ』と気にする事はありません。

 

ある程度経験を積むなりすると刺激にもなれますから克服できるものです。

私もかなりの早漏でしたが、オナニーのし過ぎからか私の場合は遅漏気味ですので(汗)

 

何より、パートナーと協力して克服していけるのが一番良いかと思います。

早漏改善トレーニングというのもありますので、近々当サイトでもご紹介しますね。

 

二次性早漏

もうひとつの二次性早漏ですが、例えば結婚して特定の相手とだけのセックス時にのみ早漏になってしまうとかが当てはまります。

 

例えばですので、特定の相手とだけのセックス=早漏になるという事ではありません。

心因性に原因があるので起こるわけです。

 

こういう場合ならパートナーに対して不満があったりと関係性について見直してみると良いかもしれません。

 

何か思っている不安や不満を解消すれば二次性早漏の場合は改善できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です