陰茎形成性硬結症(ペロニー病)は自然に治る?完治できる病気?

陰茎形成性硬結症(ペロニー病)はチンコが小さくなる等の症状が

昨日は陰茎形成性硬結症(ペロニー病)についての説明と原因について書きましたが、今回は陰茎形成性硬結症(ペロニー病)の自然治癒や完治できるのかについて。

 

勃起時に痛みを感じる、チンコが小さくなるといった症状の出る陰茎形成性硬結症(ペロニー病)ですから、詳しく知っておいた方が良いんです。

 

陰茎形成性硬結症(ペロニー病)は自然に治る?

陰茎形成性硬結症(ペロニー病)は自然治療できます。

と言っても放ったらかしといてOKという訳ではないですよ。

 

自然治療で治ったという声があるというだけです。

やり方としては、ペロニー病は海綿体部分が損傷しているようなものなので、海綿体を復活させるという具合。

 

海綿体を復活させるには海綿体の組織作りをするビタミンEやアミノ酸、亜鉛を摂る事。

ですが組織をへと栄養を運ぶ毛細血管を広げる必要があるので、お酢を摂取してください。

 

血流がよくなるので栄養成分が効率よく運ばれいきわたるんです。

ですがこれは医学的見地から見て公認されているわけではありません。

病院での治療の方が確実です。

 

陰茎形成性硬結症(ペロニー病)は完治できる病気?

陰茎形成性硬結症(ペロニー病)は手術での治療ができますが、完治できるかできないかというと完治できません。

というか、再発する恐れがあるんです。

 

手術した→治った→もうこれで二度と症状が出ない!と断言できる病気ではないんです。

 

かといって、「なんだどうせ完治できないなら放置しよ」とはしないでください。

チンコ小さくなってもいいという方だとしても、勃起する際に痛みを感じるというだけでも治療したくなりますから放置する事はないかとは思いますが、本当に放置はよくありませんからね!!

 

治療方法としては、軽症レベルの方であれば、投薬治療で大丈夫です。

重症になると外科手術が必要になりますので、薬を飲んで治せるレベルのうちに治療をするべきです!!

 

 icon-arrow-circle-o-right 併せて読みたい記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です